So-net無料ブログ作成
検索選択

<プロミネンス>米国の新太陽観測衛星が高解像度撮影(毎日新聞)

 太陽の表面から立ち上る巨大な炎の輪のようなプロミネンス(紅炎)を、米航空宇宙局(NASA)の新しい太陽観測衛星「ソーラー・ダイナミクス・オブザーバトリー(SDO)」がハイビジョンテレビの10倍の高解像度撮影した。NASAの専門家は「これほど鮮明なプロミネンスの画像は見たことがない」と話している。

 プロミネンスは、太陽の高温の大気が磁力によって持ち上げられる現象。SDOが3月30日に撮影した画像には、地球20個分以上がすっぽりと収まるほどの巨大プロミネンスが写っていた。

 大規模なプロミネンスが発生すると、地球でオーロラの活動が活発化するほか、航空無線などの通信障害や送電網のトラブルを引き起こすこともある。【西川拓】

【関連ニュース
県庁:通信障害、回線ほぼ復旧 /山形

<外国人刺殺>フィリピン人の逮捕状請求へ 三重県警(毎日新聞)
<訃報>城水元次郎さん81歳=元富士通専務、元NTT常務(毎日新聞)
堀内恒夫氏に参院選への出馬を打診 自民(産経新聞)
19日の欧州便も欠航=アイスランド火山噴火−日航、全日空(時事通信)
足止め外国客にハンバーガー=無料シャワー券も配布−成田空港会社(時事通信)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。